キレイキレイのオートディスペンサーで泡が出ない!原因と対処法はこれ!

手洗いの習慣がとても重視されている今、自動でハンドソープを出すことができるオートディスペンサーは多くの家庭やオフィスで愛用されています。

ビオレやキレイキレイ、ミューズ等各社が販売している石鹸に対応したオートディスペンサーが販売されていますね。

しかし、この便利なオートディスペンサーに突然「泡が出ない」という問題に直面したら、どう対応すれば良いのでしょうか?

この記事では、キレイキレイオートディスペンサーで泡が出ない時に考えられる「原因」と、それに対する効果的な「対処法」について、詳しく解説します。

日常生活で直面するかもしれないこの問題を解決し、再び衛生的な手洗い習慣を維持するためのガイドとして、ぜひ参考にしてください。

キレイキレイディスペンサーで泡が出ない原因

「泡が出ないなんて、どうして?」そんな疑問を持つあなたに、まず考えられる原因をご紹介します。

電池の消耗が原因かも?

一番の可能性として考えられるのが、電池の消耗です。

しばらく電池を変えていなかったかも?と思った場合は新しい電池に交換してみてください。

電池交換の方法は、ディスペンサーの裏側や底面にある電池カバーを開けて、説明書の記載に従って行えばOKです。

センサー部分の汚れがトラブルの原因

「でも、電池を変えてもダメだった…」そんな時は、センサー部分が汚れている可能性があります。

オートディスペンサーのセンサーは、手を検知して泡を出す重要な役割を持っています。

しかし、このセンサー部分に汚れがつくと、正しく機能しなくなることがあるんですよ。

センサー掃除の安全なやり方

センサーを掃除する時は、まずディスペンサーを電源から外してください。

そして、柔らかい布やティッシュを少し湿らせて、センサー部分を優しく拭き取ります。

この時、水分が内部に入らないように注意してくださいね。

センサーを拭いた後は、完全に乾かしてから再度電源を入れてみましょう。

ノズルに石鹸が詰まっているかも?

センサー部分も掃除してみたけど泡が出ない…。

そういう時はノズルをチェックしてみましょう。

ここに石鹸が固まっていることも。

この部分をぬるま湯で濡らしたティッシュやタオルで拭いたらOKです!

詰まっているのは外ではなく中側?

石鹸が詰まっている可能性があるのは外側だけではありません。

中が詰まっているケースもあります。

分解方法はこちらの動画がとてもわかりやすかったです。

こちらの動画を見ながら、泡ハンドソープの出口付近のつまりを除去してみてください。

まだまだ詰まってる!吸い上げようとしてるけど上がってこない!

これら全部やってもダメ…。

もしかして故障?でも吸い上げる音はたくさん聞こえてくるよ?

そんな経験が私にもありました。

頑張って持ち上げてる音はしてるけど出口にたどり着いてこない…。

石鹸の通り道はもう1箇所あるんです…。

それが石鹸タンクの中

中に入ってる液体ハンドソープをすべて出し、中にちょっと熱めのお湯を入れます。

そしてセンサーに手をかざしてハンドソープを出そうとし続けます。

すると、タンクとチューブの間に詰まっていたハンドソープが溶けて出てくるようになる…かも?

私の場合はこれで解決できました。

キレイキレイディスペンサー泡立たない時の応急処置

トラブルに遭遇しても、落ち着いて対処できれば問題なし!

電池交換やセンサーの掃除で改善しない場合でも、まだ解決策はありますよ。

トラブルシューティングのステップ

メーカーが推奨するトラブルシューティングを試してみましょう。

多くの場合、製品の取扱説明書や公式ウェブサイトに、トラブル時の対処法が記載されています。

ここでは一般的なステップを紹介します。

  1. デバイスのリセット: 一度ディスペンサーの電源を切り、数分待ってから再び電源を入れることで、システムをリセットできます。
  2. ノズルのチェック: ディスペンサーのノズル部分が詰まっていないか確認しましょう。
    詰まりがあれば、細い針などで慎重に除去してください。
  3. 液体ソープの粘度: 使用しているハンドソープの粘度が高すぎると、正常に泡立たない原因になることがあります。
    推奨される粘度のソープを使用しているか再確認してみてください。

メンテナンスで予防する泡立たない問題

定期的なメンテナンスは、トラブルを未然に防ぐ最良の方法です。

ディスペンサーを清潔に保ち、適切なソープを使用することが重要です。

また、使用頻度に応じて、定期的にセンサーやノズルのチェックを行いましょう。

定期的な掃除とメンテナンスのポイント

  • ディスペンサーの外部: 汚れが見えたら、すぐに拭き取りましょう。
  • ノズルの掃除: 月に1回はノズルを清掃し、ソープの詰まりを防ぎましょう。
  • ソープの選定: メーカー推奨のソープを使用して、問題を防ぐようにしてください。

泡が出ない問題を一時的に解決することは大切ですが、長期的な視点を持つことも同じくらい重要です。ここでは、ディスペンサーを選ぶ際のポイントと、問題を根本から解決するためのアドバイスをお伝えします。

信頼できるオートディスペンサーの選び方

新しいディスペンサーを選ぶ際は、以下のポイントをチェックしてください。

  1. ブランドの信頼性: 実績のあるブランドから選ぶことで、製品の品質やアフターサポートの充実度を担保できます。
  2. ユーザーレビュー: 他の使用者のレビューは、製品の実際の性能や耐久性についての貴重な情報源です。
  3. 機能性: 必要な機能が備わっているか、使い勝手が良いかも重要な選定基準です。例えば、センサーの感度、充電式か電池式か、ソープの容量などです。
  4. 保証期間: 長い保証期間を提供している製品は、メーカーがその品質に自信を持っている証拠です。

キレイキレイディスペンサーの保証期間とサポート

購入する前に、保証期間とサポート体制を確認しておくことも大切です。

問題が発生した時に、スムーズに対応してもらえるかどうかは、非常に重要なポイントです。

カスタマーサポートが充実していると、安心して使用することができますね。

オートディスペンサーは高価な家電ではありませんが、電化製品なので1年保証がついていることが多いと思います。

カスタマーサポートの利用方法と保証内容

製品に同梱されている保証書をよく読み、保証期間内に問題が発生した場合の連絡先や対応方法を確認しておきましょう。

また、購入時にはレシートや購入証明を大切に保管しておくことが重要です。

まとめ

この記事では、「キレイキレイ オートディスペンサー」で泡が出ない問題に焦点を当て、原因から対処法、さらには長期的な解決策までを網羅的にご紹介しました。

主なポイントをまとめると以下の通りです。

  1. 原因の特定:
    • 電池の消耗やセンサー部分の汚れ、ハンドソープの詰まりが主な原因として挙げられます。
      これらはユーザー自身で簡単にチェックし、対処可能です。
  2. 応急処置:
    • デバイスのリセット、ノズルのチェック、液体ソープの粘度確認など、基本的なトラブルシューティングを試みることが推奨されます。
  3. 定期的なメンテナンス:
    • 定期的な掃除やメンテナンスを行うことで、泡が出ない問題を未然に防ぐことができます。
      メンテナンスはディスペンサーの寿命を延ばす上でも重要です。
  4. 長期的な解決策と製品選定のコツ:
    • 新しいディスペンサーを選ぶ際には、ブランドの信頼性、ユーザーレビュー、機能性、保証期間などを考慮することが重要です。
      また、購入後のサポートについても事前に確認しておくと安心です。

読者の皆さんが「キレイキレイ オートディスペンサー」の泡が出ない問題に対処し、快適な手洗い生活を取り戻すための知識とツールを得られたことを願っています。
日々の生活の中でこのような小さな問題に直面したときでも、冷静に対処できるようになることが、より快適な生活への第一歩です。